フリマアプリやフリーマーケットでお酒を販売することはできる?

「単発的に販売」するなら酒類販売業免許は不要

フリーマーケットやフリマアプリでは様々な品物を売れますが、お酒を売りたい人もいるのではないでしょうか?
ネットオークションでは、個人がお酒を出品しているケースも見られますが、フリマアプリなどでも売ることが可能です。

ただし、営利目的か否かが分け目となります。
もし継続してお酒を出品すると、営利目的と見なされ、酒類販売業免許が必要になる可能性が高いです。

酒類販売業免許はお酒の営利販売に必要な免許で、酒屋などお酒を売るお店では取得が必須となっています。

酒税法では、免許保持者以外の継続的な販売を禁止しているんです。
もし酒類販売業免許を持たない人が、営利目的で継続的に販売した場合、酒税法違反で罰せられるおそれがあります。

逆に言えば、単発的に販売するのであれば免許も不要です。
例えば、以下のようなケースなら問題ありません。

・自分で飲むために買ったお酒を売る
・プレゼントやギフトで貰ったお酒を売る
・自宅に眠っていたお酒を売る

自分で飲むために買ったり、誰かに貰ったお酒なら営利目的に該当しません。
仕入れたお酒を売る場合や、転売して利益を得る目的がNGと覚えておきましょう。

お酒を販売するなら買取業者に頼んだ方が損をしない

ただ、フリマやフリマアプリでお酒を売ると損をする可能性もあります。
取引相手が値引き交渉をしてくる場合が多いからですね。
もし値引きを断ると、取引をキャンセルされるか、売れないことも考えれます。

お酒を売るなら買取業者に頼んだほうがお得です。
業者が値引き交渉を行うことは無いですし、一方的なキャンセルもありません。
相場を元に査定するので、自分で出品するより高値が付く場合もあります。

まとめて売れば査定額がアップして、更にお得になります。
フリマなども魅力ですが、お酒を売るなら買取業者に任せましょう。