家に置いてある身近で安価なお酒は買い取ってもらえる?買取り額は?

ビールやチューハイも売れることがある

お酒の買取業者は様々な種類のお酒を買い取ってくれますが、元値が安いお酒の買取りを断っているところも少なくありません。
しかし、一部の業者では、ビールのように安価なお酒も買取りしてくれます。

ただ、どれ位の値段で売れるのか興味がありませんか?
ビールや缶チューハイの場合、一缶あたり数十円が相場ですが、まとめて売ればそれなりの金額になります。

家の冷蔵庫にある安価なお酒NO.1の「ビール」

コスパ抜群のお酒がビールです。
色々なメーカーが販売していますが、買取では下記の銘柄がよく売られています。
(いずれも350ml缶1本あたり)

・アサヒ・スーパードライ:40~50円
・サントリー・プレミアムモルツ:60円~70円
・キリン・一番搾り:約50円
・サッポロ・エビス:約50円

50円前後で売れる銘柄が多いですね。
なお、500ml缶は70円~100円前後が相場になっています。

ただし、賞味期限が短いものは買取額が下がります。
売るなら半年以上残っている状態が好ましいですね。

宅飲みで在庫抱えがちなお酒「缶チューハイ」


画像引用元:https://www.suntory.co.jp/news/2011/11177.html

宅飲みで定番のお酒が缶チューハイです。
日頃から飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

缶チューハイは買いすぎることも多いお酒ですが、余ったら業者に買取りしてもらうと良いでしょう。
以下はよく飲まれる缶チューハイの買取相場です。(いずれも1缶あたり)

・キリン・本搾り(350ml):約30円
・キリン・氷結:約30円(350ml)・40~50円(500ml)
・サントリー・ストロングゼロ(500ml):40~50円

350mlだと1缶30円程度が相場ですが、500ml缶なら50円位で売れる場合があります。
24缶セットなら700~千円前後です。
ビールに比べてやや低い相場と言える反面、元値の3割程度で売れるのは魅力ですね。

鏡月などのコンビニで手軽に買える「焼酎」


画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

鏡月やJINROなど、コンビニで購入できる焼酎類は一本数百円~千円程度と手頃です。
しかし、買取価格は銘柄によります。
以下は一例ですが、販売価格の1~2割ほどを目安にすると良いでしょう。

・鏡月(700ml):200円
・いいちこ(1,800ml):400円
・黒霧島(1,800ml):400円

鏡月の700mlで200円、いいちこで400円ほどになっています。
どれもコンビニで千円前後で買える焼酎ですが、市価の2割前後が買取相場です。
これらに関わらず、飲まずに置いてある焼酎があれば売ってしまいましょう。

可能な限りまとめて売ること

ビールや缶チューハイは一本あたり数十円ほどで、焼酎でも200~400円です。
確かに単品で見ると非常に安いですが、まとめて売ると買取額がアップする場合もあります。

例えば・・・
ビール2~3缶を売る場合と、24缶まとめて売る場合とでは、後者のほうが高く売れることが多いです。
売却する時は、できるだけまとめて売るようにしましょう。