どっちにしよ?洋服の買取り方法『宅配買取』と『店頭買取り』の違い

「宅配買取」と「店頭買取り」は定番の買取方法

売りたい洋服を買取店へ直接持ち込む「店頭買取り」は、古くからある買取方法の一つです。
現在はネットを介した「宅配買取」も利用が盛んで、宅配買取と並んで定番の買取方法になっています。
どちらも洋服を売れる点では一緒ですが、買取に掛かる時間や査定方法など違いが沢山あります。

「宅配買取」と「店頭買取り」の運営費の違い

店頭買取りと宅配買取、コストが掛からないのはどちらだと思いますか?
答えは「宅配買取」です。

店頭買取りは、買取りのために店舗を運営しないといけません。
人件費のほか、家賃や光熱費が掛かるため、買取り金額が安くなりがちです。

一方の「宅配買取」も人件費こそ必要ですが、無店舗業者が多く、店頭買取りと比べてコストが抑えられます。
コスト圧縮分を買取価格に反映している業者もあるため、若干高値で売れる場合もあります。
ただし、必ずしも高値で売れるとは限りません。

「宅配買取」と「店頭買取り」の査定方法の違い

査定方法も違いがあります。

店頭買取り
まず店頭買取りは、持ち込まれた洋服をその場で査定します。
目の前で直接査定されますので、査定方法を確認できるのが特徴です。
安心感も大きいですし、直接査定員と価格交渉もできます。

 

宅配買取
一方の宅配買取は、査定もネットを通じて行います。
専用フォームに売りたいアイテムの情報を入力し、写真を添付するなどして査定を申込みます。
店頭買取りとは違い、目の前で査定は行われません。
査定員の手元に実物がないため、概算しか出せない場合もあります。
価格交渉も難しいですね。

「宅配買取」と「店頭買取り」の時間的な違い

店頭買取りは、持ち込んだ洋服をすぐ査定してくれます。
査定に必要な時間は数分~数十分で、その日のうちに売却できるのが強みです。
すぐに売りたいなら店頭買取りが最適ですね。

その半面、宅配買取は時間が掛かります。
売りたい洋服を業者へ送り、査定結果の連絡を待たないといけません。
入金完了までに最低でも数日を要するため、すぐ売れないのがネックです。

どの買取方法が向いてる?

店頭買取りと宅配買取は色々な違いがあります。
時間がかからず、すぐ売れる店頭買取りのほうが便利に思えますが、お店まで足を運ばないといけません。
近くにお店がないと面倒ですよね。

その点、宅配買取は時間こそ掛かるものの、お店まで行く手間が不要なうえ、忙しい人でも簡単に洋服を売れます。
これらを加味すると、買取方法の向き・不向きが見えてきますね。

・近くにお店がある、すぐ売りたい人は「店頭買取り」
・近くにお店がない、忙しい人は「宅配買取」

近隣の店舗状況や生活環境を考慮して選ぶことが大切です。
違いを知り、自分向きの買取方法を見つけてみましょう。