洋服の買取りサービスのデメリットは?

洋服買取りもデメリットがある

洋服を処分したい時に便利な買取りサービスですが、デメリットも少なくありません。
特にネックとなるのが買取金額です。

ブランド品でもあまり高値では売れなかったり、ノーブランドは値が付かない場合もあります。
こうしたデメリットがありますが、幾分お金になりますので、捨てるより良いことに変わりはありません。

デメリット①予想より洋服の買取り金額が安い場合が多い

洋服の買取金額は個々のアイテム次第です。
しかし、総じて買取金額が安い傾向にあります。

例えば10万円のコートの場合、3~4万円で売れそうな気がしますよね。
でも実際は1~2万円になることも多く、思ったより安値になる場合も珍しくありません。

高級ブランドでも買取り金額は低めです。
ハイブランドは人気があり、需要も高いのですが、市場に流通している数も多いんです。

中古品は価値も低くなりますので、買取金額が大幅に下がってしまう場合があります。
ただし、数量限定品はプレミアが付いていることも多く、他のアイテムと比べて高値になりやすいです。

デメリット②ファストファッションやノーブランドの洋服は買取り出来ない場合がある

現在は安くて丈夫なファストファッションが人気です。
それにファッションも多様化しているため、ブランドに拘らない方も多いですよね。
ただ、ファストファッションやノーブランド品は値が付きにくく、買取ができないこともあります。

高級ブランドと同じで、市場に出回っている数が多く、販売価格が安いからなんです。業者側の立場になった場合、買取りやリユースのコストを考えると、元を取れない可能性が高いですよね。

仮に値が付いても、1枚10円~100円程度ということもよくあります。
ファストファッションなどのアイテムを売るならまとめて売るべきですね。

デメリット③季節によって洋服の買取り金額に差がある

真夏にウールのコートを着る人はいませんし、真冬に半袖一枚で外出する人もいませんよね。
実は洋服の買取りサービスでも、季節により買取金額が変わります。
売るタイミングを間違えると損する可能性があるんです。
少しでも高く売りたいなら、季節ごとの需要を意識してみましょう。

洋服の需要が高まる時期は衣替えの前後と重なります。
そのため夏物なら5月か6月、冬物やアウターなどは10月から11月が最適です。
もし5月にアウターを売っても需要がなく、買取金額が低くなりますので、時期に合わせた洋服を売りましょう。

買取業者はしっかり選ぶ

洋服の買取りサービスは安くなりがちなのがネックです。
しかし、買取金額は業者により違いますので、高値買取りしてくれる業者を選ぶことも大切ですね。

できれば数社に査定を申し込んで、その中から比較して選ぶのが好ましいです。
ただ、需要の影響も受けますので、売る時期には気を付けて下さいね。