事前の準備が大事★洋服の買取りサービスを利用する時の注意点

ちょっと待って!洋服を売る前に4つ確認

洋服の買取りは事前準備が大切です。
しかし、何を準備すればいいか悩みますよね。
洋服を売る時、前もって準備しておきたいのは次の4つです。

・店頭買取りは身分証明書を用意する
・事前に買取り相場を調べる
・複数の業者から査定を受ける
・分類してきれいに畳む

どれも難しいことはありませんが、怠り無く準備しておきましょう。

洋服を店頭買取りの場合は身分証明書を持って行く

店頭買取りを利用する際は身分証明書が必要です。
持っていないと買取りを断られてしまいますので、必ず持参して行きましょう。
身分証明書は免許証や健康保険証で構いませんが、分からない時は事前にお店に聞いてみてくださいね。

買取りに身分証明書が必要な理由は、盗品の転売を阻止するためです。
なお、宅配買取りでは身分証明書のコピーが必要になります。
こちらも申込書と一緒に入れておきましょう。

ある程度自分で買取り相場を調べておく

個々のブランドごとに買取り相場がありますので、可能な限り調べておくと良いでしょう。
相場を知っておくと、査定結果を見た際に高いか安いか判断できます。
業者の買い叩きを防ぐこともできますので、相場を知ることはムダではありません。

洋服の買取り相場はネットでチェックできます。
ただ、マイナーなブランドやノーブランド品は相場が存在しない場合もあります。
全部調べるのは大変ですから、分かる範囲に留めておくのがおすすめです。

洋服の買取りは必ず複数店舗で査定してもらう

売る時は必ず複数の業者・お店に査定してもらいましょう。
洋服の査定基準は業者それぞれで異なっており、買取金額にも違いが現れます。
特に大量の洋服を売りたい場合、査定額が数千円変わる可能性も…。
時間と手間は要しますが、少しでも多くの業者に見積もってもらうことをおすすめします。

洋服を分類してきれいに畳んでおく

店頭・宅配いずれの買取方法でも、売りたい洋服は分類しておきましょう。
雑然とダンボールに詰めて売る人もいますが、仕分けておくと業者の査定がスムーズに進みます。
ただし、インナーやアウターなど、大まかな仕分けで問題ありません。

また、洋服を全部畳んでおくことも重要です。
畳まずにダンボールなどへ詰め込むとシワができますし、破れてしまうおそれもあります。
値が付かなくなる可能性も高まるため、必ず畳んでから査定に出しましょう。

しっかり準備して売りに行こう

洋服買取りサービスを使えば、不要なアイテムを一気に整理できます。
ただし事前準備は怠らないようにしましょう。
特に買取り相場のチェックと複数店での査定は必須です。
買取り価格に影響しますので、この2つは入念に準備しておきましょう。