売るなら少しでも高く!お酒の査定額をアップさせるには?

査定額をアップさせるポイントは5つ

お酒を売るなら1円でも高いほうがいいですよね。
査定では相場の影響も受けてしまいますが、コツを掴めば高値で買い取ってもらうことも不可能ではありません。

査定額を上げるために押さえておくべきポイントは以下の5つです。

・見た目と保管状態
・付属品の有無
・早めに査定へ出す
・まとめて売る
・売れるシーズンを狙う

これらを意識しておけば、買取金額が大幅にアップする可能性もあります。

お酒の外見と保管状態がイイほど査定額がアップ

見た目や保管状態が悪いものは誰も買いたくありませんよね。
瓶に埃や汚れがなく、状態が良いものを買いたいところでしょう。
これはお酒を売る時だって同じでで、お酒の見た目と保管状態が買取価格に影響します。

査定を受ける前には、なるべく瓶の掃除をしておきましょう。
布で埃や汚れをキレイに拭き取っておくのがベターです。
また、保管状態も影響しますので、風味が劣化しないよう、適切な場所で保管することも必要になります。

なお、長期間保管されたお酒は、ラベルが劣化してしまうことがあります。
取れない汚れが付着するケースや、日焼けするケースが考えられますが、こうしたラベルの劣化も査定に影響するので注意しましょう。
ただ、ラベルは交換できませんので、そのままの状態で査定に出す他ありません。
今後売る予定のお酒は、乾いた布でこまめにラベルの掃除をしておきましょう。

お酒単品より付属品も一緒につけた方が査定額がアップする

一部のお酒は化粧箱に入っていたり、コルクなどの付属品が付いています。
こうした付属品は捨ててしまいがちですが、実は査定額をアップさせるために欠かせないんです。
お酒は単品よりも付属品付きのほうが高く売れるため、全て揃った状態で査定に出すのがおすすめです。

特に影響するのは化粧箱と替え栓です。
高級なお酒の場合、いずれかが欠けていると査定額が1万円以上ダウンすることもあります。
他には、お酒に付属した冊子なども価格に影響します。
付属品を紛失した場合は仕方ありませんが、可能な限り探しておきましょう。

賞味期限が設定されていないお酒でも早く査定に出すと金額アップ

ワインやウイスキーなどの一部のお酒は、賞味期限が設定されていません。
熟成が進むほど味も美味しくなりますが、早めに査定へ出すことをおすすめします。
こうしたお酒は飲み頃の目安があり、それを過ぎると味が落ちてしまうんです。
風味が劣化したお酒は”賞味期限切れ”と言ってもよく、買取業者も高値では買い取ってくれません。

飲み頃の目安は銘柄ごとに異なりますが、何年間も保管したお酒は注意が必要です。
すでに熟成が進んでいますので、早急に業者の査定を受けましょう。
一概には言えませんが、早ければ早いほど買取額がアップします。
味が落ちる前に査定へ出すのは、お酒を高値で売るための基本です。

色々な種類のお酒&まとめて査定に出すと査定額アップ

売りたいお酒が複数種類あるなら、一度に全部まとめて査定を受けましょう。
少しずつ売る方法も考えられますが、結局損をするだけなんです。
お酒の買取業者の多くは、数本まとめて売ると買取金額がアップします。

例えば売りたいお酒が10本ある場合、2~3本ずつ売るよりも一度に10本売ったほうがお得です。
数千円お得になることも珍しくありませんので、高値査定を目指すなら全部一気に売りましょう。

お酒が売れやすいシーズンに査定に出す

お酒が売れやすい時期って知ってますか?
お酒の種類にもよりますが、主に以下のシーズンはニーズが高まります。

・お中元などのギフトシーズン
・クリスマス
・お盆やお正月

クリスマスはシャンパンやワインの人気が高まり、お盆とお正月は日本酒の売れ行きが良いんです。
こうしたお酒の需要が高まる時期を狙って査定を受けるのもおすすめですよ。

買取金額が大幅にアップする可能性も…!

以上がお酒を高く売るためのポイントです。
これらを実践すれば、買取上限ギリギリで売れる確立も高まりますし、相場を上回る可能性もあります。
どれも簡単に取り組めますので、できることから実践してみましょう。